だいたい怠惰

逆から読んでもダイタイタイダ

【健康】正しいダイエットを知ろう

 昨日につづいて「肥満」を取り上げます。本日のテーマはダイエット。巷にはあらゆるダイエット法が出回っていますが、ダイエットの基本は「摂取カロリー < 消費カロリー」の状態を意識することです。

 正しいダイエットについて知ることで、健康的に適正な体重を維持する方法を勉強します。

 

目次

f:id:dttd1023:20180307064020j:plain

正しいダイエットを知ろう

筋肉まで落とすダイエットはNG

 

 肥満かどうかを測る基準にBMIがあります。BMIに基づく判定によると、18.5以上25.0未満を普通体重といい、25.0を超えると肥満と言われます。25.0以上になると生活習慣病予防のために、ダイエットに励み、減量が必要になってきます。

 

 しかし、「食事を抜く」や「糖質や脂質をとらない」といった極端な方法をとると、一時的には体重が減ったとしても、筋肉量や骨量まで落ちてしまいます。

 

 正しいダイエットとは「体脂肪」を減らすダイエットです。必要な栄養素はきちんととり、とりすぎていた分は減らす、そしてとったエネルギーは運動でしっかり消費することが重要です。

 

1ヶ月で1kg減を目指す

 

 体脂肪は1kgあたり7,000kcalに相当します。これを運動で一気に消費したり、極端な食事制限で削るのは現実的ではありません。

 

 ちなみに体重80kgの人がランニングで7000kcal消費しようとした場合、時速8kmで10時間走り続けなければなりません。全く現実的ではないですよね…。

 

 1ヶ月で1kg減ぐらいのペースで、小さな工夫を積み重ねて、少しずつ減らしていきましょう。例えばこまめに体重計に乗ることで1日の食事や生活の様子を振り返ることができます。

 

 食事は1日240kcal減を心がけます。7000kcalを1ヶ月で減らすには、1日あたり約240kcal減を毎日続ければいいのです。1日240kcalなら間食の頻度や内容を見直すことで減らすことができます。また、アルコールは意外と高カロリーなので注意しましょう。あとは、夜は日中と違いエネルギーの消費が少ないため、夕食は早めに済ませ、夜遅い時間や寝る前の食事はなるべく避けます。

  

 食事改善に加えて行いたいのが運動です。摂取エネルギーをきちんと消費すること。つまり体重の収支バランスを整えることが肝心です。無理に激しい運動をしなくても、1日10分多く歩くだけでも脂肪燃焼効果が期待できます。

 

 

 ダイエットの基本は無理せず小さな工夫を積み重ねることです。正しいダイエットで適正体重を目指したいですね。