だいたい怠惰

逆から読んでもダイタイタイダ

【ドラマ】電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-がはじまったよ

 電影少女のドラマがはじまった。あんなに楽しみにしてたのに、当日完全に忘れていて、第1話を見逃してしまった。 こんな記事まで書いて煽ってたのに。

   せめてどんな話だったのかあらすじだけでも見ようと思って検索をかけたら、あれ?Amazonプライムビデオで観れるぞこれ。しかもプライムビデオだと1週間前に先行配信されていて既に2話まで視聴可能。なにこれすごい。

電影少女って

 ジャンプ黄金期を支えた漫画家 桂正和の代表作。原作は特殊なビデオテープから実体として現れる少女・ビデオガールと、その少女達の助けを必要としている恋に悩む少年の恋愛模様を描く作品。週間少年ジャンプで1989年から1992年まで連載され、累計発行部数1400万部を誇るSF恋愛漫画の金字塔が今回初のドラマ化。ドラマの舞台は2018年、原作漫画の25年後の世界が描かれている。

 連載当時はまだ小さかったため、もちろんリアルタイムでは読んでいないけど。中学時代に連載してた「I”s」をきっかけに桂先生の漫画を知り、そこから「電影少女」に遡ってどっぷりハマった。単行本を全巻買い揃え、何度も読み返した思い出深い漫画。そんな作品が実写化されるというのだから見ないわけにはいかない。

あらすじ(Amazonプライムビデオより抜粋)

ごく普通の高校生・弄内翔(野村周平)は、両親の離婚を機に、絵本作家の叔父・洋太の空き家で一人暮らしを始める。学校では同じクラスの美少女・奈々美に密かな恋心を抱いているが、奈々美は翔の親友・智章に好意を抱くという一方通行状態。そんな折、翔は家でテープが入ったままの壊れたビデオデッキを発見。デッキを直し再生すると“ビデオガール・天野アイ”(西野七瀬)と名乗る女の子が画面から飛び出してきて…!?ビデオガール・アイと翔の3か月に及ぶ奇妙な共同生活が始まる!

(C) 『電影少女 2018』製作委員会

2話までの感想(ネタバレあり)

 まだ2話ということで話はこれからだが、原作から25年後という設定を上手く活かしているなという印象。原作を読んでいるとニヤッとしてしまうようなセリフや演出があったりと、制作スタッフにも原作が愛されているなと感じる。

 なにより西野七瀬さん演じるあいちゃんがかわいい。決して演技は上手くないのかもしれないが、不器用だけど一生懸命で素直なあいちゃんの雰囲気がよく出ている。ななみ役の飯豊まりえさんも素敵。

 原作では最後あいちゃんは人間なって洋太と結ばれているはずなので、1話の段階ではパラレルワールドを描いた作品なのかなと思って観ていた。でも2話で洋太が言ってた「すでに起きてはいるんだよ。ありえないことが…」とか「ほんとうにあの頃の あい なんだなって…」っていうセリフから察するに、25年後のあいちゃんも存在してるのかな? 「叔父さんには奥さんがいるけど会ったことはない」って翔のセリフも1話で出てたし。とにかく今後の展開が気になる!

さいごに

 そもそもドラマ自体観るのがすごく久しぶりだけど、毎週の楽しみが一つ増えた感じ。Amazonプライムビデオなら好きな時にいつでも何度でも観れるからすごく便利だ。1ヶ月のお試し期間だけと思ってはじめたら退会するの忘れていて、知らない間に年会費が引き去られてたAmazonプライムだけど入っててよかったー。今日はそれだけ。

f:id:dttd1023:20180116001125j:plain

NISAで失敗しないための最適なアドバイス

 先日申し込んだNISA口座の開設書類が届いた。「つみたてNISA」にしようか「一般NISA」にしようか未だに悩んでいるので、今一度違いを整理しておきたい。

f:id:dttd1023:20180114225048j:plain

NISA(少額投資非課税制度)とは

 NISAとは、毎年決まった非課税投資枠が設定され、株式や投資信託の配当や値上がりによる差益が非課税になる制度のこと。普通なら配当や差益に対して20.315%も税金で取られてしまうのに0%になるんだからお得だ。目的に合わせて「一般NISA」か「つみたてNISA」を選ぶことができる。

NISA制度には2種類ある

一般NISA

 対象者は日本に住む20歳以上で、年間の投資上限額が120万円まである。非課税となる期間は5年なのでトータル600万円まで非課税枠で投資可能。5年間の非課税期間が終わったら、口座内の金融商品を翌年の非課税投資枠に移すこと(ロールオーバー)ができる。
 これまでの制度では、5年後に保有している金融商品の時価が120万円を超えた場合、120万円分しかロールオーバーができず、超過分は通常の口座(特定口座)に移すか、売却する必要があった。

 しかし2018年から始まる新制度では、従来あったロールオーバーの上限がなくなり、5年間の非課税期間終了時に、非課税投資枠で投資していたすべての資産をロールオーバーできるようになったようだ。

 対象商品は国内・海外株式や投資信託など自由に選べるのも一般NISAのポイント。なおNISA口座での損失は他の特定口座や一般口座と損益通算はできない(「つみたてNISA」も同様)。

 ある程度まとまった金額で投資する場合や、株主優待狙いや特定株の値上がりを期待するなど個別株式への投資を考える場合は「一般NISA」を選べばいいね。

つみたてNISA

 対象は同じく日本在住の20歳以上の方。年間の投資上限額は40万円と一般NISAに比べて少ないが、その代わり非課税期間が20年間と長い。よってトータルでは800万円まで非課税枠がつかえることに。

 対象商品は金融庁が指定する基準に適合した投資信託に限られるため、商品選択は比較的簡単だが自由度は低い。また「一般NISA」と違い20年間の非課税期間が終わったときにロールオーバーすることはできない。

 「つみたてNISA」は1年で2回以上に分けて投資する必要がある。1年間の非課税枠は小さいが長期で見ると「一般NISA」よりも大きいので、コツコツと将来のためにじっくり投資したい場合は「つみたてNISA」を選べばいいね。

結局どっちを選べばいいの?

 当初「つみたてNISA」一択と考えていたが、今年から「一般NISA」はロールオーバーの上限が撤廃されていたため、もう一度検討の俎上に。しかしロールオーバーした場合は新しい非課税投資枠で投資することはできないため、5年経過時にロールオーバーするのか、特定口座に移すか、売却するかの判断が必ず必要になる。

 一方の「つみたてNISA」は非課税期間が20年と長くトータルでは「一般NISA」よりも非課税枠が大きい。投資できる商品も安定的に資産形成ができる商品に限定されているため、比較的リスクも少ない。毎月一定額積立てることで、日々の値動きに捉われずに済むし、長期に投資することでリスクを分散することもできるので、精神衛生上よさそうだ。

 「つみたてNISA」は少額からコツコツと長期で資産形成をしたい(安定的に資産運用したい)人向けの制度と考えれば、やっぱり私はこっちを選ぼうかな。

ちなみに

 NISA口座を開設する証券会社は楽天証券を選んだ。これまで投資はしていないが証券口座を持っていたからというのが大きな理由。なぜ楽天証券に証券口座を持っていたのかというと、普段から楽天市場をよく使うのと楽天銀行の口座も持っていれば、口座間の送金等が非常に便利で、楽天証券を経由すれば他銀行からの振込も手数料がかからない。さらにスマホアプリのiSpeedを使えば日経新聞も無料で読むことができるからすごい。この話、詳しくはまたの機会に。今日はそれだけ。

ブログデザインを少し変えたらブログがもっと好きになった

 ブログデザインを変えてみた。今まで特に何も考えずに公式テーマを使っていたんだけど、ちょっとイジってテーマを統一しただけで一気に愛着が湧いてきた。

 HTMLとかCSSとかって全くわかってなかったけど、この本を参考にやってみたら以外と理解できたので紹介。

はてなブログ Perfect GuideBook

はてなブログ Perfect GuideBook

 

 ちなみに元のテーマはシンプルな公式の「Report」を選択。具体的にやったことは以下のとおりだが、面倒くさいのでビフォアアフターの写真や、CSSのカスタマイズ内容をわざわざ載せたりはしない。

ブログタイトルの色と大きさを変えてアイコンをつけた

 一番上のブログタイトルが目立つように文字の大きさを変えた。フォントの色も黒から紺色にして、となりの説明文はグレーに。この紺とグレーをベースにブログテーマを統一していく。ついでに背景画像を設定する代わりにそれっぽいアイコンをつけてみた。

記事タイトルまわりのカスタマイズ

 具体的にはタイトルが目立つようにフォントの大きさを変えて、タイトルの上下に破線を引いた。それからシンプルな表記だった日付とカテゴリーにそれぞれ色枠をつけた。カーソルを置いたら色が反転したりとか、すごい何でもできる。

記事中の見出しをカスタマイズ

 この真上のやつなんだけど、大見出しの下におしゃれな線を入れたのと、中見出しのデザインも変更。サイドバーにも大見出しと同じデザインを適用することで統一感が出てきた。

ちなみにこれが中見出し

ブログの幅をカスタマイズ

 全体的に幅を広げた。なんとなく余裕ができて見やすくなったと思う。

サイドバーのカテゴリ表示を変更

 縦に並んでいたカテゴリ表示を横並びにした。こちらもカーソルを置くと色が反転するようなおしゃれな仕様に。

グローバルナビゲーションをつくった

 タイトルのすぐ下にあるサイトメニューみたいなの。ブログのコンセプトを決めているわけではないので、案内したい重要なコンテンツがあるわけではないのだが、なんとなくかっこいいから気に入っている。HTMLから作ったのでこれが一番時間がかかった。

これからカスタマイズしたいこと(未実装)

読者登録やTwitterのリンクのデザイン

 変数だとかウェブフォントといった小難しい内容が含まれるようなので一旦後回し。いずれやろう

スマホページのデザインを変更

 これは「はてなブログPro」じゃないとできないみたい。それからPCページもせっかくおしゃれに作ったのに広告が邪魔してるのでいずれProにとは思ってるけど、とりあえずはもう少しこのままでいいかな。

 最後に

 このブログをはじめて約1ヶ月たつけど、デザインを自分で変えたことで一気に自分のモノって感じが強くなったと実感(本のとおりやっただけだけど)。こういう、今までできなかったことができるようになる達成感と、もっと知りたいっていう知的好奇心をくすぐられるのが老いた脳にすごくよさそう。これからもブログを続けていくモチベーションに繋がったよ。今日はそれぐらい。

セブンイレブンの担々麺が美味すぎて誰かに教えたい

 幸せの定義っていろいろあるけど、うまいラーメンが食べれるってだけでそれはもう十分幸せだ。ただ自分好みのラーメン屋が近くにあるとは限らないし、食べたい時に食べれないのであれば幸せとは言い難いだろう。

f:id:dttd1023:20180114002950j:plain

 それもラーメンなら醤油・味噌・トンコツ・塩と自分好みの味を突き詰めている店を探せばいいが、ことさらに担々麺となると選択肢が狭まるのは自明の理だ。

 そう、私は担々麺が好きだ。特に二日酔いがおさまりかけたお昼に担々麺が食べたくなる。理由はわからないが身体があの花椒のシビレを求めるのだ。二日酔いだから欲するのか、二日酔いの時によく食べてたからパブロフよろしくなのかはわからないが、とにかく担々麺が食べたいのだから仕方がない。

 ただうまい担々麺が食べられる店はそうそう無い。担々麺専門でやっている店なんてほんとに稀だし、中華料理屋で担々麺を頼んだらただの激辛ラーメンがでてきたこともあるくらいだ。

 なので担々麺が食べたいときはバーミヤンに行くしか無いのか…。ファミレスに一人で入るの勇気いるなーって方に朗報である。ズバリ、セブンイレブンの「担々麺」を試してみてほしい。

f:id:dttd1023:20180113212700j:plain

公式の説明文を引用すると以下のとおり。

胡麻の芳醇な香りと辣油の辛味、花椒の痺れる刺激が味わえる担々麺です。スープは焙煎した白胡麻ペースト、豆板醤を加え濃厚に仕上げ、相性が良い中細麺と合わせました。ネギ、豚ひき肉を甜麺醤、豆板醤などで炒め合わせた肉味噌と大切りのチンゲン菜が食欲をそそります。

 

 麺は若干太めの中細麺。モチモチと食感がよく、白胡麻ペーストのスープとの絡まりもよい。そしてこの商品何よりスープが素晴らしい。白胡麻の風味が濃く、豆板醤ほか香辛料の旨味もかなり濃厚。なにより包装に書いてあるとおり、花椒がしっかり効いていてほんのりシビれるあの感覚。これこそが担々麺ですよ。

f:id:dttd1023:20180113212728j:plain

 さらに値段が298円だっていうから文句のつけようがない。店で食べたら800円はとられてもおかしくない。しかもチンゲンサイ、肉味噌もしっかりのっていて、電子レンジで簡単に調理できるときた。唯一、丼鉢がないと食べれないのはカップ麺に比べると手軽さに欠けるが、そんなことはもうどうでもいいくらいに本格的な担々麺なのだ。

 むしろ、担々麺食べるときにつかうあの網目のついたスプーンがほしい。わかるかなあのスプーンですよ。あれですわあれ。

18-8 ステンレスレンゲスプーン 穴明

18-8 ステンレスレンゲスプーン 穴明

 

 そうこれ!さすがAmazon何でもあるね^。とにかくこのスプーン使って食べたいっていうぐらい本格派なわけ。300円でこんなに満足度を高めることができるなんて、ほんとありがとうございます日本。今日はそれだけ。

二日酔いに効くコンビニでも買えるアレの話

 突然だけど、二日酔って辛いよね。気持ち悪いし頭痛いしで。そんな苦しいピンチのときに助けてくれるすごい食べ物があるの知ってる?

 安くてコンビニでも簡単に買えるその奇跡のスーパーフード、それがラムネ。

 ラムネってあのラムネ。そうこれ。 

森永製菓 ラムネ 29g×20個

森永製菓 ラムネ 29g×20個

 

  実はラムネに最も多く含まれるのがブドウ糖で、二日酔いの時にぜひ取りたいのがこのブドウ糖

 何でかって、そもそも私たちは摂取したアルコールを肝臓で分解するんだけど、次第にエネルギーがなくなってアルコールの分解が追いつかなくなり、そのまま脳に回っちゃう状態を「酔っ払い」って言うんだそう。

 そんなときに、へばった肝臓のエネルギーになるのがこのブドウ糖で、これによって肝臓の働きが再開し、アルコールの分解を促してくれるんだそう。しかもブドウ糖は脳のエネルギーにもなるから、頭痛にも効果的だとか。

 何でコンビニにいつもラムネなんか置いてるのか謎だったけど、あれウコン的な立ち位置だったんだね。知らなかったー。栄養ドリンクとかおいてある棚に置くべきだよね。フォルムもボトルっぽいし。

 ちょっと飲み過ぎたなーって思ったら、帰りにラムネ買って帰ろうね。今日はそれだけ。

 

 

【超簡単】将来年金がいくらもらえるのか一瞬で分かる方法

 最近年金について勉強しているので、今日も覚書として残しておく。

 まずは国民年金の話。国民年金の保険料は月々16,490円と決まっている。これを毎月、最大20歳から60歳まで40年間支払うので、

 16,490円 ✕ 12ヶ月 ✕ 40年 = 7,915,200円

がトータルで支払う金額となる。

 一方、もらえる年金額は、40年きっちり納めた場合、779,300円 が満額で受け取ることができる。つまり11年受け取れば元がとれる計算だ。男性の65歳からの平均余命が約19年なので、ほとんどの方が払った分は返ってくるといえる。

 よく自営業の方なんかで国民年金を納めていない方もいるが、絶対に納めておいたほうが得だ。また、年金年額が779,300円なので、ざっくり80万円と考えた場合40年で80万受け取れるとすると、1年納めるごとに受け取れる年金額が約2万ずつ増えていく計算だ。なので例えば学生時代に免除申請をしていない場合は、10年以内なら追納ができるのでこちらもしておくといい。

 次に厚生年金について。こちらも受け取れる金額を概算で計算できる方法がある。それが「平均年収 ✕ かけた年数 ✕ 0.55%」だ。仮に平均年収400万円で、22歳から60歳までの38年間かけつづけた場合の金額は

 400万円 ✕ 38年 ✕ 0.55% = 836,000円

が厚生年金としてもらえる金額となる。なのでこの方の場合国民年金とあわせると、

 836,000円(厚生年金) + 779,300円(国民年金) = 1,615,300円

がトータルの年金年額ということになる。

 なお、厚生年金の保険料はH29/9月より18.3%となっており、これを労使折半で支払っている。実際の保険料は標準報酬月額に応じた等級によって決まり、年収が多いほど支払う保険料は多くなるが、将来もらえる年金も多くなる仕組みだ。ただしこの等級には上限があり、標準報酬月額62万円が最高となっている。年収ベースでは約1000で頭打ちとなることはおさえておこう。

 さて、仮にこの人が結婚して、専業主婦(パート)の奥さんがいたとすると、同じく国民年金年額は満額で 779,300円なので合計すると

 1,615,300 + 779,300円 = 2,394,600円

 およそ年間240万、月になおすと約20万だ。ちなみにここから所得税、住民税、健康保険料、介護保険料が引かれることとなる。残った金額で夫婦ふたりが暮らしてていけるのだろか?年金はすばらしい制度だが、やはり豊かな老後生活には自助努力が欠かせない。今日はそれだけ。 

気づいたらブログ開設して1ヶ月がたっていた件

 気づいたらブログを開設して1ヶ月がたってました。 とにかく何かはじめたいって勢いを大切にスタートしたが、なんとか毎日更新を続けることができている。

 習慣化を目標に毎日更新を続けてきて大きく変わったなと感じるのは、興味の幅が広がったこと。何かブログのネタないかな?と常に意識しているからだろう。猛烈に書きたいテーマがあるわけではないので、ふと目にしたニュースや感じたことをメモに残したり、本や映画など今まで以上に積極的にインプットするようになった。

 それらのインプットも「ブログに残す」というアウトプットを意識できているのもよい傾向だと思う。ただただ流し読みするのではなんく、要点をまとめたり、人に伝えるっていう姿勢でインプットできたいる。ただ時間がなくて読んだままになっているケースも多く、その辺の処理速度を上げていくことがこれからの課題だ。

 それからスターや読者数なんかは特に意識していなかったが、こんなブログでも読者登録いただいたり、スターを付けてくださる方が少しずつ増えてきた。やはり反応があるとモチベーションにつながる。ありがとうございます。

 それにしても「ブログ開設1ヶ月で読者登録100名達成!」みたいなのをよく見かけるが、意味がわからない(笑)。それだけ人を引きつける記事を量産できるのはとても素晴らしいと思う。私も人に読まれる記事っていうのをこれからは少し意識しよう。ただそれに縛られて「何を書いたらいいかわからない」とはなりたくないので、あくまでも自己表現の場としてこのブログは大切にしていきたい。

 なにはともあれ、1ヶ月続けることができたのはうれしいかぎりだ。引き続き毎日更新を目標につづけていきたい。今日はそれだけ。